2007年12月31日 (月)

2007年の終わりに

 久々に静寂な朝を迎えています。いろんな思いや感情、すべてを包み込んだ静寂さというべきか、ある種「無」に近い静寂さに自分が支配されているのを感じます。そして「無」の感情の奥のほうにあるのは、「感謝」、これだけです。あらゆる思いや感情を包み込み、そしてひとつに束ねられる唯一の感情、それこそが「感謝」であると実感しています。

 2007年を振り返り、さまざまな人との関わりを想起する時、「感謝」という一本の糸が、それらをひとつに束ねてくれるのです。

 いったい私は、どれだけの人たちに支えられて生きているのだろうか。何かあればいつでも駆けつけてくれる人たち、引っ張り出してくれる人たち、励ましの言葉、お叱りの言葉、忠告や提言、常に傍らで見守ってくれる人たち、そして何よりも愛すべき彼ら。

 そういう人たちに支えられなければ生きていけない自分の小ささを、喜びを持って実感するのです。小さいことの喜びとは、かくも温かい。これからも小さく生きよう。小さく生きるということは、身の丈の生き方をするということであり、身の丈とは常に「感謝」を実感できるサイズということでしょうか。

 時に自分を大きく見せようという気持ちになってしまうこともあります。しかしそれを必ず叩いてくれる人たちがいます。後ろ向きな気持ちで小さくなる場合もあります。しかしそれを引っ張り上げてくれる人たちもいます。そういう人たちの心をしっかりと受け止めていけば、「身の丈」は回りによって用意されていくものです。

 みんな、ありがとう。

 せっかくの完全オフの日。この日につかんだ静寂さとその内に脈打つ「感謝」の気持ち。これを来たるべき2008年の私の仕事のスタンスにしていきたいと思います。

 さまざまな人たちのさまざまな思いを受け、今日もこうして生きており、そして働いていくわけです。さまざまな思いに翻弄(ほんろう)されながら、小さき私はウロウロと、前に進んでいくのでしょう。しかし節目節目でそれを「感謝」の糸で束ねながら、道筋を確かなものに正していく。そういう道のりが私には与えられているのでしょう。

 しかし「感謝」を形に変えていく取り組みとは、前提的に「自分」というものがしっかり据わっていなければなりません。「感謝」とは鏡のようなもので、「自分」があってはじめてそれは価値あるものになるからです。

 静寂さに自分が還ることができた。そこを拠点にいま一度、<自分は何をしたいのか>に立ち戻るべきだと考えます。

 先日の夜、妻がぼんやりと金魚のぱっぽを眺めていました。同じ病気で金魚のぽっぽを失った妻は、今度は病気からの快復に成功し、こうしてぱっぽは元気に泳ぎ回り、妻の笑顔がありました。その翌朝、同じ椅子で同じ笑顔(同じ顔)で金魚を見つめる長男の姿がありました。「ぱっぽ、元気になったね。」

 ぽっぽやぴっぽを失った悲しみは、ぱっぽの元気な姿を喜ぶ気持ちだけでなく、「いつかぱっぽが川に戻れるようにしたいね」という私たち家族の夢にもつながります。思えば我が家は私が小さい時から、ケガをしたり病気になったり迷子になった動物たちがやってきました。元気になったり飼い主が見つかったりして、彼らは帰っていくのでした。そして今年25歳になる飛べない・歩けない・目が見えないカラスなど、帰っていくところのない動物たちのみが、我が家で主のように威張って生活しているのです。「駆け込み寺」のように、人も一時的に住み着いたりすることがよくありました。動物だらけの汚い家に駆け込んでくる人たちもいました。私の祖母の代などはもっと顕著だったといいます。障害を持った人、(戦中・戦後)食べ物がない人などが、よく住み着いていたといいます。

 今日、そんなようなことを思い浮かべていました。感性の源ともいえる家風から離れたところで<自分は何がしたいのか>を構想することができない。私が帰ってくる場所は常に必ずここなのですから。

 貧しいけど温かい…そんな環境で生きてきたように思います。そんな私ができることの精一杯は、<貧しいけど温かい仕事>これだけです。

 

いつかみんなが巣立っていくという夢を見続けること。

それでも巣立っていけない時は、無理のない範囲でしっかりと支え続けること。

無理なことは頭を下げ、人に託していくこと。

それが自分にできることのすべてだと思います。

自分や仲間たちが温かくなれるような仕事はやる。温かくなれない仕事はやらない。相手への「感謝」につながる仕事はやる。「感謝」に結びつかない仕事はやらない。「みんなが巣立っていくという夢」につながる仕事はやる。つながらない仕事はやらない。

これがすべての価値基準です。この価値基準に立ち返り、2008年は一歩一歩前を向いて頑張っていこうと思います。

みんなありがとう。

<追伸>

しばらくこのブログ、中断します。いつもたくさんの方々に読んでくださり、本当にありがとうございました。

少し落ち着いたら、本を書こうと思っています。しばらく「雲隠れ」いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

東京モーターショー

今日は以前からシンタロウと約束していた東京モーターショーに行ってきました。大手術を控え、今後自由な活動が制約されてしまう。その前に好きなところに連れていこう、というものでした。シンタロウとシンタロウママ、私の妻と子供たち2人という2家族での大移動。渋滞と人混みという私の大の苦手なことでしたが、楽しかったですよ。

車椅子と一緒に、そしてチビふたりを連れながらだったので、全部見て回ることはできませんでしたが、それでもシンタロウも楽しんでくれたと思います。

回った範囲で、私とシンタロウママの見解としては、三菱モータースのお姉さんが一番きれいでした。「シンタロウ、友野さんの奥さんとあのお姉さんどっちがきれい?」とシンタロウママ。

いや~それは、ねえ。なんというか~。難問でしょう。

難問すぎて答えられません。口が裂けても答えられません。それほど難問。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

ピンチに強い!

先日の月曜日、うちの職員から朝突然「仕事休みます」の電話。風邪をこじらせ声もまともに出ていない。「ゆっくりするといいよ」。牛乳配達の仕事には私が入る。

その日はローテーションの関係で、ヨウヘイもミヨコさんも休み。2つの店をどう維持するか。また、特別支援学校の実習生が3人も来ている。そして新しい仕事もその日に入ってくる。そしてそして、今日は仲間たちの給料日。26人分の給料袋を私が抱えていて、みんなはそれが届くのを楽しみにしている。

朝、その日休みの予定の掃除男に電話をかけてみる。・・・ダメだ!呼び出し音が熟睡している。ヨウヘイの生活ホームにも電話。誰も出やしない。仕方ない。現有戦力で乗り切ろう!

とりあえず、牛乳配達のコージ君に店に入ってもらい、ユータ君と私で配達に出る。納得いかない顔のコージ君。

ユータ君は、この日の私のピンチを十分に理解し、配達表を見ながら次々と準備をし、また私が慣れないコース(最近急激にお客様が増えた)ゆえに、詳細な道案内をしてくれる。きびきびとした動きと的確な私への指示。

9時半にはじめて、何とか5時に終わった。ありがとう、ユータ。急きょ店の担当に回ったコージ君も、その日の店のエピソードをいろいろ聞かせてくれる。また実習生の一人が落ち着かず、手に負えなかった状態だったことも知る。

翌火曜日、その日も私は牛乳配達。ユータ君とコージ君はすでにスタンバイOKの状態で私を待っていた。しかし昨日手に負えなかったという実習生がその日も「戦闘体制」で、目が離せない状態。

「私が見ているしかない」…急きょまたコージ君を中の仕事に回し、この実習生を私の助手(?)につけて、牛乳配達に出発。この日もユータ君が2人分の仕事を気合でこなしてくれる。午前中、ピリッとした雰囲気を作り、この実習生もやっと落ち着きを取り戻す。そうなる前、空びん回収の仕事で、繰り返し与えた指示を無視してカバンを適当に持ち、空びんを1本割った。「指示を無視するとこういうことになる」ということを厳しく説明。これで彼女は落ち着いた。もう大丈夫。

昼、作業所に戻ると、コージ君の暗い顔。「具合悪いの?」仲間たちは心配していた。しかし暗い顔の本当の理由は、2日連続突然牛乳配達の仕事から外されたこと。本人理由をいくら説明されても納得していない。

実習生も、落ち着いたからもう大丈夫。中仕事の職員に彼女を託し、午後はコージ君、ユータ君のいつものコンビで牛乳配達に出る。

びっくりした!字が読めず、数字も分からないはずのコージ君が、遅れて昼食をとった私とユータ君の代わりに、配達表を読みこなし、配達の準備をしている。ユータ君がその姿を見て、読めない字を丁寧に教えてあげ、準備を完了させていた。

「コージ、自分でできるようになりましたよ。確認したけど、全部合っています!」とユータ君。

ものすごい気合を感じた。「牛乳配達は自分の仕事、絶対できるようになってやる」というコージ君の気合と、それをさりげなく支えるユータ君。

「今日は、配達準備はユータでなく、コージがやろう」と呼びかけ、二人は「は~い」と快諾。不安はあったが、コージ君が準備をし、ユータ君が全部チェックして、無事ミスもなく配達完了。準備だけでなく、配達や片付けも、なにかこう、縮み込んだバネが一気に伸びるような爆発的なエネルギーを仕事にぶつけている二人。楽しかったし、うれしかった。

中仕事では、落ち着きを取り戻した実習生がポテンシャルの高さを見せつけ、我々でもかなわないような器用さで仕事をこなしていた。

コージ君、ユータ君の頑張りで、その日の業務全般が滞りなく終えられた。

3箇所の事業所すべて、無事作業が終了。

ピンチに強く逆境に強いこの人たちに支えられて、私は今日も仕事をしている。みんな強い、強い、本当に強い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

ヨージおじちゃん

知的障害を持つヨージが我が家に転がり込んできて数ヶ月がたつ。家族として彼が家の真ん中にいることが当たり前のようになってきた。4歳の長男・2歳の次男もヨージおじちゃんがいる生活を当たり前のように受け入れている。たまにヨージが帰省すると、次男は泣いてしまう。長男は「また帰ってくるよ」とそれをなだめる。

数ヶ月前、突然の病で歩けなくなり、その歩けない自分を受け入れられず車椅子を拒否したり、ヨージ自身にとっても我々にとってもとても辛い時期があった。今ではそれも完治し、あの頃がうそのような家族の雰囲気を取り戻すことができた。

子供たちがおもちゃを散らかして遊んでいる。私が「散らかしたのは誰だ!」と叱ると、ふたりは「ヨージおじちゃん」と答える。ヨージも「え~うそ~」といって笑っている。子供たちに「欧米か!」とか何だとかいわれて頭をポンと叩かれる。それでもヨージは笑っている。

まだ字の読めない次男は、本を持ってヨージのところに行って「おじちゃん、読んで」と本を読んでもらう。ヨージの言葉は分かりにくいのだが、それでも次男は真剣に聞いている。

今、ヨージはひとりで風呂に入る練習をしている。私が近くでいろいろと指示を出し、練習をしている。そこに子供たちがやってきて、ヨージがひとりで体を洗っている姿をみて「ヨージおじちゃん、自分で洗ってるよ!」と感心している。その頑張っている姿に、ただ感心しているのだ。

いろんな部分において、すでに二人はこのおじちゃんを超えてしまってもいる。だからといって、哀れに思うこともなければバカにすることもない。できる・できないを超えたところにある「頑張っている」という姿に、子供たちは共感し、尊敬もしているようだ。

子供たちが将来どんな道を歩んでいくかは分からない。私の仕事をついでくれるかも知れないし、まったく別の世界かもしれない。でも今ヨージおじちゃんと暮らしているこの貴重な体験は、きっと彼らの中に残ってくれるだろうと思う。

先日、私の家族と生活ホーム「らいと」の全員で、佐倉まで遊びに行ってきた。森の中でヨージはどんぐりをふたつ拾ってきて、二人の子供たちに大事そうに手渡してくれた。不器用ゆえに手のひらからこぼれ落ちそうなどんぐりを、丁寧に小さな手のひらに移してくれた。子供たちは大事そうにそれを受け取り、笑顔で「ありがとう」と答えていた。

ヨージのこの素朴な気持ちの伝え方に対して、子供たちはいつか拒絶という形で答える日も来るのだろう。そしてそれを超えて、拒絶した自分を責める日も来るのだろう。人はそうして大人になってゆく。人は傷つき、また人に傷をつけながら大人になっていく。

どんぐりも、大人になった子供たちから、また小さな手に移されてゆくのだろう。そしてお自分が受け取ったどんぐりの記憶を、その時思い出したりもするのだろう。

ヨージよりも2歳年上の私も、ヨージから学ぶこともある。

笑顔を忘れちゃあ、いけないんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

ウコン最終回

ウコンネタで引っ張るのは、もうおしまい。ちゃんとした記事を書ける状況でないので、ご容赦下さい。

今日は妻の誕生日。妻はほとんど飲めないので、いつもは私一人で晩酌しておりますが、昨晩「ウコンを飲めば、朝スッキリするよ」と口説いて、コップ半分だけですけど、晩酌につき合わせました。ビール半分と私の小難しい話を聞くだけで睡魔に襲われてしまったようです。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月23日 (木)

失敗した。

うこんを飲むようになってから、ビールの量が増えてしまい、家計を圧迫するようになってしまった。

失敗した。

書きたいことはいろいろあるけど、今日はもう動けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

ひらめいてしまった・・・。

昨日は、ライブで歌ってきました。「就労継続支援事業もえぎ」の仲間たちも観客として来てくれて、ステージ上から手招きをしたら、本当にステージに上がってきてくれて一緒に歌いました。

 しかし歌う前に一杯ひっかけたのが災いして、ソロのアドリブのところ準備していたものが全部すっ飛んでしまって、メチャクチャな英語のアドリブになってしまった。炎天下の野外ステージ。甲高い声で目一杯歌ってきました。

終わったら当然打ち上げです。「明日から仕事・・・」というメンバーも多かったので、みんな乾杯の前に「ウコン茶」を飲む。これがビックリ。あれだけ飲んでも翌朝スッキリ。おそらく「ウコン茶」を飲んだ他のメンバーもそうだったのではないでしょうか?

「ウコンはすごい!」

またひとつ仕事のアイディアが浮かんでしまった。春になるのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

親離れ子離れそして兄妹離れのすすめ

この重いテーマについて、あえて書く!一部の福祉関係者、保護者などにとって見たら耳の痛くなる話であろう。しかし書く!

今日、千葉市に住む私の実妹から、メールが来た。以下全文。

そろそろ巣立つかも。一羽で過保護に育ったからなかなか飛ぶ勇気がない。親達が促してるんだけど。もしかしたら兄ちゃんが助けた彼奴かもしれない。違っても彼奴の兄弟には変わり無いね。

実は数週間前の日曜日の朝、実妹から弊社に電話。「団地の階段の踊り場の上に、ツバメが巣を作って、ヒナが一匹落ちちゃった。助けようがない。お母さんツバメも困っている。どうすればいいの?」

「お兄ちゃんが飛んでいくサ!待っていなさい!」

たまたま休みの日の朝だったので、すぐさま現地に向かった。片道1時間以上。ヒナは助かるか・・・。

現地に着くと、その救出の困難さに思わず愕然とした。階段の踊り場の天井なので、簡単に届く場所ではない。3匹のうち、2匹はすでに亡くなっていて、一番小さなヒナだけが動いている。

「お兄ちゃん・・・助けてあげて!」

私は団地から離れ、近所に長い脚立のある家を片っ端から探し回った。ずいぶんと走り回ってやっと見つけた。「すみません!脚立を貸してください。ヒナが落ちちゃったんです!」玄関から出てきたおじいちゃんは「そりゃあ大変だ。持っていって。錆びてるから開くかわかんねえけど。」

団地に戻り階段を走り、アクロバット的なかけ方で脚立をなんとかツバメの巣まで届かせた。錆びた脚立がもし折れたら、踊り場の4階から私はまっ逆さまだ。福祉の世界では「惜しい人をなくした」とかと言われるのだろう。

でもヒナを無事救出。足は震えたが、妹の期待には応えた。

そのヒナたちが、巣立ちの時期を迎えているというのが、先ほどのメール。なんとも可愛い、私の妹らしいメールだ。ツバメの巣の写真までついていた。200707260734331

妹よ、困ったときはいつでもお兄ちゃんを呼ぶんだぞ!

いつでも助けになってあげるからな。

ちなみによくこのブログにコメントをくれる「giriimo」とか「girl sister」は義理の妹で、妹はどちらもやっぱり兄としてかわいい。

以上、「親離れ子離れそして兄妹離れのすすめ」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「読んでますよ~」

最近、あちらこちらで「読んでますよ~」と声をかけられる。そういわれた瞬間に「この人のお心を害するようなことは、書いてなかったかな?」と頭の中で記憶の引き出しの総点検が行われる。冷や冷やものである。

昨日、O君の送りで、O君自宅近くまで行ったとき、O君のお父様にお会いし、「読んでますよ~、なにかコメント書こうかと思うんですけど、何書いていいか…」と声をかけられた。

「O君パパが読んでいたとは・・・。じゃあ、あのことは書かなくてよかったぁ。」・・・そんなことを考えました。

「あのこと」とはこんなことです。来月うちの福祉作業所の有志が、富士山に登る計画を立てています。今日もそのための会議があるといいます。そしてその「富士山計画」に、当然元気もののO君も誘ったのですけれど、O君が行くかどうかが決まる前にO君パパ、O君ママが参加することになったのです。「O君が心配なら、その日うちでO君を預かっていましょうか?」という話にもなりかけましたが、結局「O君パパ、ママが行くならO君も連れて行きましょうよ」ということになった。

「面白い家族だなあ」ということで、その記事を書こうと思ったことがありました。

「面白い家族」ついでに、ずいぶん昔、こんなことがありました。O君は養護学校時代から体を動かすことが大好きで、常に体力が有り余っています。作業所に入ってきて1年目。週末になるとO君パパ、ママがO君をマラソンに連れ出したり、サイクリングに連れ出したりと、その有り余った体力の消費のために苦労されています。当時私は、「O君パパとママの負担を少しでも軽くしてあげたいなあ」ということで、若い(体力のある)女性職員を連れて、休日O君とその先輩のU君を連れてサイクリングに行きました。4人で船橋から佐倉まではかなりの距離です。こいのぼりの泳ぐすがすがしい季節でした。(当時撮影したビデオがまだ我が家にあります。)

O君を自宅に送るとき、「O君パパとママは、これで少しゆったりした休日を送れるかな」と思っていたのですが、O君ママから返ってきた言葉に驚かされました。「うちの子を見てくださったから、パパとふたりで海の方をずっと走ってきました。」

「海のほうってどこまで?」

「江戸川越えて…」

「江戸川越えたら東京じゃん!」

こっちは船橋市から佐倉市までサイクリングをしてきて「遠かったなあ」と思っていたのですが、パパとママはなんとその時県境を越えて走っていたのでした。

(体力が有り余っているのは、O君だけじゃなかったのね・・・。)

こんな記事を以前書こうとしてやめたのですが、いや~O君パパが「読んでいる」と聞いて、「書かなくてよかった~」とホッとしました。

でも書いちゃった!O君パパ、これからもよろしくお願いします。富士山は頑張ってきてください。

うちの作業所と「富士山」については以前記事にしたことがあります。

http://kanpasu2004.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_c98c.html

http://kanpasu2004.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_f2eb.html

またかつて(9年前?)、O君と一緒にサイクリングに行った女性職員とは、今はどうやら私の息子たちの母親になったようです。

おしまい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

基礎理論?

<授産事業、就労支援事業、福祉作業所等における「工賃倍増計画」策定について>

しばらくちょっと固い記事でいこうかと思います。「育児」から入ってこられた方、「ペット」から入ってこられた方には申し訳ありませんが、ちょっと難しい話が続くかもしれません。

平成19年度から全国の都道府県で「工賃倍増計画支援事業」が実施され、授産施設・就労系事業所等の工賃水準を引き上げるための具体的事業が動き出しました。各都道府県で、工賃倍増計画実施事業が展開され、千葉県においても「計画策定ワーキングチーム」が発足しました。

全国の具体的事業を見ても、あるいは厚生労働省の示す具体例などを見ても、「経営コンサルタントの派遣」や施設長クラスの研修・セミナーなどが中心になっていくようです。経営コンサルタントの派遣は、ビジネス理論(マーケティングや営業の手法・理論)に基づく経営分析や提案などがなされ、各種研修・セミナーなどではそれに加えて先駆的事例などの検討が行われるようです。

厚生労働省の打ち出す「工賃倍増計画支援事業」においては、一定の予算措置もなされ、実践とその結果が求められるものであるからして、より実践的な事業として遂行されていくものだと思います。そして事業の性格上そうあるべきだとも思います。

しかし私が最近考えているのは、本来ならばもう少し基礎理論の解明に力を入れるべきだろうな、ということです。企業経営に関する諸理論に基づいて授産・就労系諸事業の工賃向上戦略を解明することはとても有意義なことだとは思います。しかしなお、その独自性により残るべき問題というものが存在し、そこを残したまま理論の輸入(企業→福祉)に頼っていては残るべき問題が依然取り残され、実体論的には福祉・就労系事業の二極化が進むだけのような気がします。もちろんそれはそれでいいのかもしれませんが、やはりなお「工賃」に関する全体を包み込む基礎理論というものの解明が必要なように思われます。

経済政策論や社会政策論等の分野においても、外国から輸入された理論をそのまま適用しても、あまり結果には結びつきません。それぞれの政治経済的あるいは宗教・文化的な歴史的特殊性に踏まえて理論は再構築させなければ、思うような結果は得られないのです。

外来生物が在来種を駆逐するという事例は、この場合の例えにはならないかな?

話を戻して。

「就労支援の事業の会計処理の基準」というものが厚生労働省より示され、とりわけ原価計算をきっちり行えるような会計処理方法が示されました。私なりにその「目玉」と思うのは、「就労支援事業製造原価明細表」、「販売費及び一般管理費明細表」の作成を「就労支援事業別事業活動収支内訳表」の明細表として位置づけるという部分であります。「製造原価」と「販売費及び一般管理費」(「販管費」といいます。)を明確に区分するということ。福祉の現場は、やや製造原価に倒して考えがちな部分があったのですが、「販管費」の概念上の整理によって、マーケティング理論を受け止める土壌が会計処理の分野においても整理されたと認識しています。現場の会計は、しばらくはやや混乱もするかと思いますが、長い目で見たとき、きっとプラスに作用すると個人的には思っています。

簡単に言えば、作ることだけでなく売ることの価値基準を会計処理上でも正しく計るべきだということでしょう。「売ること」からの逆規定を受けない「作ること」は、本当の意味での「作ること」にはなっていなかったということです。あくまでも会計処理の基準・方法に関してのことですが、マーケティング理論を(就労系)福祉の地平において土着化させるための基礎工事は行われたということです。

ただしそれはマーケティング理論に関してのことであり、それは(就労系)福祉事業における工賃向上に関する基礎理論の中の一部を構成するものに過ぎません。

(これ以上、会計の話を引っ張ると9割の方が引いてしまうので、止めます。)

基礎理論の解明が重要だといいながら、もちろん私にそんな力はないし、私の任務だとも思っていません。ただし、現場のど真ん中の視点として「この辺の理論領域を解明すべき」という提案ならできるかな、と思います。

それを多少シリーズ化して、小出しにしてみようかな、と思いました。読者数が減れば、その時点で辞めようかな(笑)。

おっ、仕事が舞い込んできた。日曜の夜だというのに。ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧