« 東京モーターショー | トップページ | 必然性の洞察的探求 »

2007年12月31日 (月)

2007年の終わりに

 久々に静寂な朝を迎えています。いろんな思いや感情、すべてを包み込んだ静寂さというべきか、ある種「無」に近い静寂さに自分が支配されているのを感じます。そして「無」の感情の奥のほうにあるのは、「感謝」、これだけです。あらゆる思いや感情を包み込み、そしてひとつに束ねられる唯一の感情、それこそが「感謝」であると実感しています。

 2007年を振り返り、さまざまな人との関わりを想起する時、「感謝」という一本の糸が、それらをひとつに束ねてくれるのです。

 いったい私は、どれだけの人たちに支えられて生きているのだろうか。何かあればいつでも駆けつけてくれる人たち、引っ張り出してくれる人たち、励ましの言葉、お叱りの言葉、忠告や提言、常に傍らで見守ってくれる人たち、そして何よりも愛すべき彼ら。

 そういう人たちに支えられなければ生きていけない自分の小ささを、喜びを持って実感するのです。小さいことの喜びとは、かくも温かい。これからも小さく生きよう。小さく生きるということは、身の丈の生き方をするということであり、身の丈とは常に「感謝」を実感できるサイズということでしょうか。

 時に自分を大きく見せようという気持ちになってしまうこともあります。しかしそれを必ず叩いてくれる人たちがいます。後ろ向きな気持ちで小さくなる場合もあります。しかしそれを引っ張り上げてくれる人たちもいます。そういう人たちの心をしっかりと受け止めていけば、「身の丈」は回りによって用意されていくものです。

 みんな、ありがとう。

 せっかくの完全オフの日。この日につかんだ静寂さとその内に脈打つ「感謝」の気持ち。これを来たるべき2008年の私の仕事のスタンスにしていきたいと思います。

 さまざまな人たちのさまざまな思いを受け、今日もこうして生きており、そして働いていくわけです。さまざまな思いに翻弄(ほんろう)されながら、小さき私はウロウロと、前に進んでいくのでしょう。しかし節目節目でそれを「感謝」の糸で束ねながら、道筋を確かなものに正していく。そういう道のりが私には与えられているのでしょう。

 しかし「感謝」を形に変えていく取り組みとは、前提的に「自分」というものがしっかり据わっていなければなりません。「感謝」とは鏡のようなもので、「自分」があってはじめてそれは価値あるものになるからです。

 静寂さに自分が還ることができた。そこを拠点にいま一度、<自分は何をしたいのか>に立ち戻るべきだと考えます。

 先日の夜、妻がぼんやりと金魚のぱっぽを眺めていました。同じ病気で金魚のぽっぽを失った妻は、今度は病気からの快復に成功し、こうしてぱっぽは元気に泳ぎ回り、妻の笑顔がありました。その翌朝、同じ椅子で同じ笑顔(同じ顔)で金魚を見つめる長男の姿がありました。「ぱっぽ、元気になったね。」

 ぽっぽやぴっぽを失った悲しみは、ぱっぽの元気な姿を喜ぶ気持ちだけでなく、「いつかぱっぽが川に戻れるようにしたいね」という私たち家族の夢にもつながります。思えば我が家は私が小さい時から、ケガをしたり病気になったり迷子になった動物たちがやってきました。元気になったり飼い主が見つかったりして、彼らは帰っていくのでした。そして今年25歳になる飛べない・歩けない・目が見えないカラスなど、帰っていくところのない動物たちのみが、我が家で主のように威張って生活しているのです。「駆け込み寺」のように、人も一時的に住み着いたりすることがよくありました。動物だらけの汚い家に駆け込んでくる人たちもいました。私の祖母の代などはもっと顕著だったといいます。障害を持った人、(戦中・戦後)食べ物がない人などが、よく住み着いていたといいます。

 今日、そんなようなことを思い浮かべていました。感性の源ともいえる家風から離れたところで<自分は何がしたいのか>を構想することができない。私が帰ってくる場所は常に必ずここなのですから。

 貧しいけど温かい…そんな環境で生きてきたように思います。そんな私ができることの精一杯は、<貧しいけど温かい仕事>これだけです。

 

いつかみんなが巣立っていくという夢を見続けること。

それでも巣立っていけない時は、無理のない範囲でしっかりと支え続けること。

無理なことは頭を下げ、人に託していくこと。

それが自分にできることのすべてだと思います。

自分や仲間たちが温かくなれるような仕事はやる。温かくなれない仕事はやらない。相手への「感謝」につながる仕事はやる。「感謝」に結びつかない仕事はやらない。「みんなが巣立っていくという夢」につながる仕事はやる。つながらない仕事はやらない。

これがすべての価値基準です。この価値基準に立ち返り、2008年は一歩一歩前を向いて頑張っていこうと思います。

みんなありがとう。

<追伸>

しばらくこのブログ、中断します。いつもたくさんの方々に読んでくださり、本当にありがとうございました。

少し落ち着いたら、本を書こうと思っています。しばらく「雲隠れ」いたします。

|

« 東京モーターショー | トップページ | 必然性の洞察的探求 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118028/9652083

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年の終わりに:

« 東京モーターショー | トップページ | 必然性の洞察的探求 »