« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月13日 (土)

ねえ、親父ぃ

ねえ、親父ぃ。もう少しカッコ良くすれば?

どこを?

耳の上のところの毛とか、ちょっとカッコ悪い。

ねえ、親父ぃ。心歌(こうた)って、いい名前だね。でも心歌ってちょっとうそつきだよね。かわいいけどね。

ねえ、親父ぃ。ぼく(風歌.ふうた)どこから産まれたかわかる?

ぼくは、かあちゃんから産まれたんだよ。

どんなふうに産まれたの?

ちょっとびっくりして泣いたけど、あんまり泣かなかったよ。

かあちゃんのお腹にいた時、覚えてる?

うん。ちょっと覚えてる。かあちゃんがからいのを食べると、赤ちゃんもからいんだよ。緑のからいやつ、かあちゃん食べたでしょ。ぼく、からかったんだよ。それは覚えてる。あとはもう、忘れちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

衝撃

ちょっと、これどう思います?

http://muryop.com/br/?q=%E5%8F%8B%E9%87%8E%E5%89%9B%E8%A1%8C">

ついでに・・・。

http://muryop.com/br/?q=%E5%8F%8B%E9%87%8E%E5%A4%95%E5%AD%90">

妻よ、頑張って稼ぐから、あまり怒らないで(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

それはそれ

「それはそれ、これはこれ」…。最近呪文のように自分の中で唱えている言葉です。
どんな状況下でも冷静な判断をしていくためには、感情の一色塗りを防ぐことです。何かの感情で自分自身の心を一つの色に染めあげないことです。
「心」というものが一つの空間のようなものだとしたら、その空間にふすま程度のソフトな区分けをすることです。絶対的な断絶でなくソフトに区分けをするのです。そしてソフトに部屋数を増やすことです。この部屋数が物事を多面的に見る力につながり、心にゆとりをつくるのです。その呪文が「それはそれ」…。
誰でも至らない部分はあるし、高く評価をしてあげるべき部分もある。それは自分自身に対しても同じ。

いい音楽を聞いて、いい酒を飲んで、妹の体調を心配したり妻の機嫌を伺ったり、「明日」という日からの多少の逃避願望を楽しみながら、ゆっくり「明日」を待つことにします。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

結果

赤組が見事勝利。

長男は玉入れの時、隣のお友達を持ち上げて遊んでいたり、白組なのに赤帽子に切り替えてふざけたり、レースでもまわりをキョロキョロして、まともに走らなかったり。

あ~、読者諸君!これ以上私に何を語らせようというのか。

その後の作業所連絡会、職員会議、心ここにあらず。

あ~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

速報!

我が長男の通う幼稚園の運動会が6日にあり、そのプログラムなどの詳細が先日明らかになった。

我が長男は「白組」となった。そうなった以上は「白組」の大勝利を目指して、我が息子も先頭で戦い抜くであろうし、選ばれし「白組」の園児諸君もその勇者ぶりをいかんなく発揮してくれるに違いない。

私自身、陰ながらではあるが「白組」の勝利のために全身全霊を傾け、その勝利のための大応援の一翼を担う覚悟である。

大丈夫だ! 親父がついているぞ!

空を見るのだ。空の上の親父の親父も、応援してくれているではないか。

すべては6日! 「白組」園児諸君よ! 立ち上がれ! 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »