« ヨージおじちゃん | トップページ | ゆうあいピックソフトボール選手権と「奇跡」の連鎖 »

2007年9月12日 (水)

ピンチに強い!

先日の月曜日、うちの職員から朝突然「仕事休みます」の電話。風邪をこじらせ声もまともに出ていない。「ゆっくりするといいよ」。牛乳配達の仕事には私が入る。

その日はローテーションの関係で、ヨウヘイもミヨコさんも休み。2つの店をどう維持するか。また、特別支援学校の実習生が3人も来ている。そして新しい仕事もその日に入ってくる。そしてそして、今日は仲間たちの給料日。26人分の給料袋を私が抱えていて、みんなはそれが届くのを楽しみにしている。

朝、その日休みの予定の掃除男に電話をかけてみる。・・・ダメだ!呼び出し音が熟睡している。ヨウヘイの生活ホームにも電話。誰も出やしない。仕方ない。現有戦力で乗り切ろう!

とりあえず、牛乳配達のコージ君に店に入ってもらい、ユータ君と私で配達に出る。納得いかない顔のコージ君。

ユータ君は、この日の私のピンチを十分に理解し、配達表を見ながら次々と準備をし、また私が慣れないコース(最近急激にお客様が増えた)ゆえに、詳細な道案内をしてくれる。きびきびとした動きと的確な私への指示。

9時半にはじめて、何とか5時に終わった。ありがとう、ユータ。急きょ店の担当に回ったコージ君も、その日の店のエピソードをいろいろ聞かせてくれる。また実習生の一人が落ち着かず、手に負えなかった状態だったことも知る。

翌火曜日、その日も私は牛乳配達。ユータ君とコージ君はすでにスタンバイOKの状態で私を待っていた。しかし昨日手に負えなかったという実習生がその日も「戦闘体制」で、目が離せない状態。

「私が見ているしかない」…急きょまたコージ君を中の仕事に回し、この実習生を私の助手(?)につけて、牛乳配達に出発。この日もユータ君が2人分の仕事を気合でこなしてくれる。午前中、ピリッとした雰囲気を作り、この実習生もやっと落ち着きを取り戻す。そうなる前、空びん回収の仕事で、繰り返し与えた指示を無視してカバンを適当に持ち、空びんを1本割った。「指示を無視するとこういうことになる」ということを厳しく説明。これで彼女は落ち着いた。もう大丈夫。

昼、作業所に戻ると、コージ君の暗い顔。「具合悪いの?」仲間たちは心配していた。しかし暗い顔の本当の理由は、2日連続突然牛乳配達の仕事から外されたこと。本人理由をいくら説明されても納得していない。

実習生も、落ち着いたからもう大丈夫。中仕事の職員に彼女を託し、午後はコージ君、ユータ君のいつものコンビで牛乳配達に出る。

びっくりした!字が読めず、数字も分からないはずのコージ君が、遅れて昼食をとった私とユータ君の代わりに、配達表を読みこなし、配達の準備をしている。ユータ君がその姿を見て、読めない字を丁寧に教えてあげ、準備を完了させていた。

「コージ、自分でできるようになりましたよ。確認したけど、全部合っています!」とユータ君。

ものすごい気合を感じた。「牛乳配達は自分の仕事、絶対できるようになってやる」というコージ君の気合と、それをさりげなく支えるユータ君。

「今日は、配達準備はユータでなく、コージがやろう」と呼びかけ、二人は「は~い」と快諾。不安はあったが、コージ君が準備をし、ユータ君が全部チェックして、無事ミスもなく配達完了。準備だけでなく、配達や片付けも、なにかこう、縮み込んだバネが一気に伸びるような爆発的なエネルギーを仕事にぶつけている二人。楽しかったし、うれしかった。

中仕事では、落ち着きを取り戻した実習生がポテンシャルの高さを見せつけ、我々でもかなわないような器用さで仕事をこなしていた。

コージ君、ユータ君の頑張りで、その日の業務全般が滞りなく終えられた。

3箇所の事業所すべて、無事作業が終了。

ピンチに強く逆境に強いこの人たちに支えられて、私は今日も仕事をしている。みんな強い、強い、本当に強い!

|

« ヨージおじちゃん | トップページ | ゆうあいピックソフトボール選手権と「奇跡」の連鎖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118028/7908216

この記事へのトラックバック一覧です: ピンチに強い!:

« ヨージおじちゃん | トップページ | ゆうあいピックソフトボール選手権と「奇跡」の連鎖 »