« その2 | トップページ | 「読んでますよ~」 »

2007年7月17日 (火)

その3

「理念」、これ大事ですよね。福祉の世界では特に、大事です。

実践論としての「理念」は戦略論であり、実践そのものは戦術論に関わる領域です。戦略論とは戦術本質論であることからして、理念は実践を止揚するものであります。したがって理念は常に必ず実践的なものなのです。

「とにかく、俺たちゃぁ、これがしたいんだ。こうしたいんだ。だからこうするんだ。」…これが理念ですよね。理念とは、実践主体がさまざまな限定・規定を受けながらそこ存在しながらも、さまざまな限定・規定をいったん振り払い、捨象し抽象化した実践の概念でありますので、必ずしも具体的な(被規定性を受けた現実的な)実践の指針そのものにはなりません。実践の指針そのものは戦術であり、理念すなわち戦略は、実践主体の背中ににじみ出るものでありその源は実践主体の腹のなかにあるものです。というより、あるべきものです。

さて、福祉事業における「理念」は、常に必ず「数字」(工賃や収益など)と結びついているものばかりではありません。むしろそれらと縁遠い場合もあります。

そうした福祉事業者と「数字」の話をする場合、その事業者の「理念」をまずは肯定的に聞き出し、その「理念」とのつながりを考えておく必要があります。くれぐれも「理念」の否定の上に「数字」を持ち出さないこと。「数字」から「理念」を裁断しないこと。

物差しの違いは当然あります。でも互換性を持たせればいいだけのことです。相手の物差しを否定してしまったら互換性もくそもありません。

具体的な例を出しましょう。

いや、やっぱり例を出すのはまずいかも…。

息子たちが風呂から出てきたので今日はここまで。

読んで損した?

失敗したなぁ~。そんな時間もないくせに仰々しい書き出しをしてしまった。年賀状を書くときに「新年」の「新」ばかりデカく書いてしまって、書ききれなくなってしまった、そんな感じです。

|

« その2 | トップページ | 「読んでますよ~」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118028/7182265

この記事へのトラックバック一覧です: その3:

« その2 | トップページ | 「読んでますよ~」 »