« 大雑把 | トップページ | 父の日 »

2007年6月15日 (金)

大雑把その2

前回の続き。

逆にもともと大雑把な人がきっちりとした仕事の結果を返していくために必要なことは…。

自分がそうだったので、「簡単じゃないぞ~」というのが結論です。

一点だけ、大切なことを挙げるとすれば、<自分の中に自分を懐疑的に否定するもう一人の自分を作る>ということです。

「終わった~」という自分に対して、「お前がミスしないはずない」「お前の仕事はテキトーだ」という自分が常にいることです。その懐疑的なイヤミったらしい自分とケンカしながら仕事をこなしていけばいいのです。

まあ、<自分の中にもう一人の自分を作る>ということは、大きく言えば<大人になる>ということだと思うのですけどね。片足で立つよりも2本の足で立つほうが安定する。自分を懐疑的に否定するもう一人の自分をまずは育てて、その自分とバランスよくうまく付き合うことです。

それは同時にまた、感情のコントロールにもつながります。子供のような感情を爆発をさせるタイプは、<もう一人の自分>が育っていないのです。いくら自分がさまざまな経験をして反省していっても、あるいは努力をして自分を築き上げても、<自分を懐疑的に否定するもう一人の自分>が未形成だと、やはり弱いのです。片足をいくら鍛えても、片足だけで相撲をとったら子供にだって負けてしまいますよね。

これは人との関わり方にもつながっていきます。

朝、これを読んだ人は、なんとなく嫌~な朝になってしまいましたね!

でも頑張りましょう!

|

« 大雑把 | トップページ | 父の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118028/6790082

この記事へのトラックバック一覧です: 大雑把その2:

« 大雑把 | トップページ | 父の日 »