« 風歌へ | トップページ | 久々です。 »

2007年4月23日 (月)

琥珀色の、薄暗い山の中で、死んだはずの親父に会い、会話をした夢。親父は私より若い頃の親父だった。親父が自分より若いにもかかわらず、甘えた口調で話す自分に違和感を感じながら、あたりに立ち込める霧の流れる方向を確かめていた。あとは雰囲気しか覚えていない。どんな夢だっけ?

どんよりとした雰囲気と静寂さとなつかしさ。その感覚だけが残った朝。この感覚が一日体内に残ってくれれば、胃がキリキリすることもピリピリすることもなく、一日仕事ができるんだけどな。仕事のペースは多少落ちても。せめて月曜日くらいはそんな一日になってくれれば、と思う。

そんな感覚は、きっと簡単に壊されちまうんだろうけど。あいつらの気合と鼻息で。

|

« 風歌へ | トップページ | 久々です。 »

コメント

【故人の夢】…古い状況から新しい状況への変化。問題解決の兆し。死についての感慨。死者にかかわる喪失感・悲哀・消えない愛情・罪悪感・怒り。無意識のメッセージ。◆亡くなった肉親が現れる…自分自身をより深く知りたいとき。ルーツを探ったり子供の頃からの習慣や作法などの価値を再評価してみるのも良い。◆亡くなった知人が現れる…その人の死を悲しむあまり、自分の責任で死に至ったのではないかという罪悪感。生きていてくれれば良いという願望。◆死者が何かを予言する…吉凶にかかわらずそれが当たる確立は高い。◆死者が現れて違和感が強い…その人に(特に親の場合)対する反抗心の表れ。どのような不満があるのか明確にして行くと良い方向に進む

【山】・【丘】…展望。明察。精神的覚醒。人の生涯において大きな意味を持つ何か。身近な人間関係。先祖との関係。日常を超越したもの。女性の胸。母親の乳房。母親に対する強い愛着。◆遠くから山を眺めている…人生体験・絶好のチャンス。新しい学び。◆アルプス・冨士山などの美しい山を見る…幸運の予兆。母性への愛着やあこがれ。◆山道…運勢の転換期。人間関係の大きな変化。◆山頂…物事のピーク。◆目の前に立ちはだかるイメージの山…頑固になり過ぎて大切な人を傷つけている。疑い深い性格がせっかくのチャンスを逃している。常識に拘ったり目立つことを恐れたりしていると手に入る筈の収穫も人に取られてしまう。◆雪をかぶった山…運勢の低下。病気。トラブル。状況の悪化。◆朝日や青空を背景にした雪山…事態の好転。◆山がグラつく…人に攻撃される。◆山火事…身内や家族の大きな変化。◆火事によるハゲ山…身内の事故や不幸を暗示。

投稿: giriimo | 2007年4月23日 (月) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118028/6184014

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 風歌へ | トップページ | 久々です。 »