« 飛んだ・・・。 | トップページ | 船橋市民駅伝速報 »

2007年1月13日 (土)

第51回成人の日記念船橋市民駅伝大会

明日、「第51回成人の日記念船橋市民駅伝大会」です。わが「とまりぎジョギングクラブ」も参加します。去年は自衛隊の第一空挺団と市立船橋高校がメチャ速く、5区で繰り上げスタートになってしまいました。わずか1分の差で・・・。今年はタスキをつなぐことが何よりの目標です。選手たちは福祉作業所や会社の仕事の後、5時~6時まで練習しています。ソフトボールクラブの方は障害者チーム同士の大会なので、優勝したりもできますが、こっちは違います。当然後ろの方を走ることになるとは思いますが、それでも集中力を切らさず、ゴールを目指していきたいです。

応援に来てくださる方も募集していますので、簡単にコースを説明します。遠方の方にとってはつまらない記事になりますがご容赦ください。

<1区>船橋総合運動公園を9時にスタート。(8時20分より開会式。)御滝中学までの4.0kmをマサシ君が走ります。普段は「障害者の働く場あぐり」で農作業をしています。農業で足腰が鍛えられたのでしょうか。ここ1年で急成長してチームのエースに君臨しました。仕事の方もかなりの成長をしていて、まだ22歳と若いので一般就労する力はついたとは思いますが、福祉作業所の給料と障害者年金を合わせれば、我々職員の1年目よりも稼いでしまっている(笑)ので、今のところ就労支援はしていません。以前は目を離すとふざけてしまい、「エントリーから外す!」と宣言したこともありましたが、最近はたんたんと走ることができるようになりました。なおもう一歩の向上心を期待したいところですが、それは沿道の応援で彼の潜在能力を引き出すしかありません。ゼッケン231番「マサシ!走れ!」と声をかけてください。

<2区>御滝中学から船橋北高校までの4.6km。一番長い距離は今年も若きエースサトル君が走ります。「かんぱす」から15歳で一般就労したサトル君ももう18歳。重労働で体力がついてガッチリしてきました。普段仕事が忙しくてなかなか練習に参加できていないのでその点が心配ですが、負けん気とイケメンぶりは誰にも負けないので、やってくれると思います。特に黄色い歓声をお待ちしています。

<3区>北高から東京学館船橋高校までの3.3km。シンイチロウ君です。「かんぱす」から一般就労してから、多少体力が落ちてきています。しかし最近は仕事の後「障害者の働く場クローバー」に立ち寄り毎日練習をしてきましたので、ブランクは解消されたと思います。「かんぱす」時代は仕事で毎日走っていましたからね。気の優しい男ですので、人を抜くということにためらいを感じてしまうところがあります。どうか野太い歓声と怒声をお願いします。

<4区>東京学館から新京成バス折り返し場所「豊富小隣」までの2.1km。短い区間のスピードランナーが集う区域です。「クローバー」のユータ君。以前、千葉県障害者振興センターのホームページでも紹介されていた「牛乳配達のプロ」のユータ君です。(以下がその記事)

http://jusan-kassei.de-blog.jp/inosisinohana/2006/12/post_2fe8.html

おそらく牛乳ビンを持って走ったほうがは速いんじゃないかと思います(笑)。去年はアンカーでしたが4区→5区の繰上げスタートを阻止するために、あえて4区に入ってもらいました。「牛乳屋さ~ん」と声をかけてくれれば、より速くなります。

<5区>「豊富小隣」から古和釜高校までの3.2km。最近安定してきたショータ君です。「とまりぎ」の廃品回収で、体力をつけてきていますが、同時に体脂肪もつけてきていますのでちょっと心配(笑)。あっそうそう、今年成人式です。おめでとう!泣き虫ショータもとうとう大人の仲間入りかぁ。この大会はショータ君のための大会です。脂肪を全部燃焼させていい走りをしてもらいたいです。終わったら成人のお祝いをしてあげるからなっ。度を越えた照れ屋で、黄色い歓声を受けるととろけてしまいます。低い声で「ショータ!」と声をかけてください。私は古和釜高校で陣頭指揮をとっています。

<6区>古和釜高校からゴール地点の船橋総合体育館(船橋アリーナ)までの2.4km。アンカーはいちおうダイスケ君です。練習ではエース、本番にはめっぽう弱い、気の優しすぎるダイスケ君です。しかし最近の練習では大スランプ。かなり厳しく指導されてきました。

 しかし昨日(12日)の夕方、足を痛めていることが発覚。表情の暗いダイスケ君に私が「ちょっと、屈伸してみな」と言ってみたのですが、屈伸さえもできず顔をゆがめています。私も一瞬凍りつきました。大会まであと2日。ダイスケ君といえば、引きこもり状態から脱して「かんぱす」に入ってきた頃は、「目がかゆい」といっては作業所を休み、「耳が痛い」といっては休もうとしていた人です。そのたびに私が家庭訪問して本人やご家族と話をしてきて、何とか強い気持ちで作業所に通えるようになったばかりです。「目がかゆい」といって休んでいた人が、これほどの足の痛みを我々に隠していたとは・・・。本人は「出たい」といっていますが、当日の体調次第で私が決めます。「船橋アリーナ付近を身長180cmの美男子の「231番」が足を引きずって走っていたら、それはダイスケ君です。無理はさせたくありませんが、気持ちには応えたいと思っています。ぜひとも10時ごろ、「船橋アリーナ」近くに結集していただいてダイスケ君を応援してあげてください。

万が一に備え、チームのキャプテン今年40歳のイタルさんには走る準備をしてもらっています。イタルさんも「ダイスケに走らせたい」と言っています。1月3日に亡くなってしまった板さんには、「まだ四十九日前だから、自宅付近近くでダイスケの足を守ってくれ」と話してあります。大の駅伝ファンだから、酔いつぶれていなければきっと守ってくれるはずです。

心を一つにしてタスキを最後までつないでいきたいです。

千葉県では障害者差別に関する条例が昨年制定されました。我々は法律や条例の制定運動という形でなく、障害を持つ人たちが、真剣に白球を追いかけたりタスキをつないだりしている姿を通じて、社会に呼びかけているのです。もっともそれは2次的な目的で、一番は勝つこと・走ること・みんながヒーローになることなのですけどね。でも2次的な目的くらいのほうが、人々の心に届くものなのです。

いい報告がしたいですね。なによりも無事と安全。板さん、頼む!

|

« 飛んだ・・・。 | トップページ | 船橋市民駅伝速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118028/4908257

この記事へのトラックバック一覧です: 第51回成人の日記念船橋市民駅伝大会:

« 飛んだ・・・。 | トップページ | 船橋市民駅伝速報 »