« 当然のこと | トップページ | 輝いているとき »

2006年12月13日 (水)

そうじ男

私は年中そうじのことばかり考えている。妻のブログ(http://kurasitanosi.blog60.fc2.com/)の10月29日の記事にもあるように、私にとって、そうじはリラックス法のひとつである。なにしろ際限がない。最近はあまりないが、家でも仕事をしない日などは、朝から晩まで掃除をしている。以前仕事場から夜中の1時に帰ってきて、それからフローリングのワックスをかけたこともある。最近はチビたちと動物たちの繁栄で、家でのそうじは諦めつつある。そうはいってもそうじは「浮気」みたいなもので、妻やチビたちの目を盗んで、コッソリやるものだ。妻がママさんバレーに行く仕度などをしていると、「今日は風呂掃除にしようかな、台所がいいかな、換気扇かな」と想像してワクワクしている。体が弾んで食事準備などもサッサと済ませ、バレーボールに行く妻に食べさせる。「行ってらっしゃ~い」。

 作業所では、かなり我慢をしてるつもりだが、やはり顔に「掃除しろ」と書いてあるようだ。二つの作業所を往復する毎日だが、私の車の音を察知すると「クローバー」の優秀な仲間たちは「来ました!」と現場の職員に報告する。それからわずか数十秒の間に事務机の上などがバタバタと片付けられる。たまに私の車の発見が遅いと、事務机の上にあるものをバタバタとどこかにしまい込む姿を見かける。あまりに慌てて、伝票など紛失しなければいいが。

そんな私に、待ちに待った12月がやってきました。大掃除の季節です。年末の作業所は仕事に追われ慌しいので、早めに行っています。今年はとくにみんな張り切っています。そんな中を往復していると、とても楽しい。わっテーブルクロスが入った。わっこんなに広かったのか・・・。カーテンレールや柱の上の部分が私の気になるところ。長い付き合いの仲間たちはすでに知っているのでそこを丹念にやるが、若い子たちはまだまだ甘い。

「かんぱす」は、血液型A型が圧倒的に多い。8割以上がA型なのだ。類は類を呼び、お互い細かいところを気にし合っている。流しに米粒ひとつでも残っているということはまずない。占いなど信じるわけはないが、A型の人だけはなんとなく見分けがつく。曲がったことが嫌いでこだわりが強く几帳面。新京成線で2~3駅行ったところにグループ内の別の作業所があるがこちらは歴史的にもB型が多い。「なるほど」と思う。

大掃除の真っ只中で、こんなブログを書いたら、プレッシャーかな?

|

« 当然のこと | トップページ | 輝いているとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118028/4534151

この記事へのトラックバック一覧です: そうじ男:

« 当然のこと | トップページ | 輝いているとき »