« 週末地域福祉の歩き方 | トップページ | 一部昇格! »

2006年10月19日 (木)

みんなと一緒に遊んで来い!

「障害者の働く場かんぱす」の10周年を記念して11月に台湾旅行を企画しています。30人近くで海を渡ります。今はパスポートの申請などの手続きで忙しくしています。

今日は「かんぱす」の「職員」であるT君が6人を引き連れて半日かけてみんなのパスポートを受け取りに行きました。

話は変わって先日の7作業所合同の職員会議では「みんなの引率の仕方・関わり方」についてみんなで勉強をしました。各作業所の所長クラス3人ほどで分担してシミュレーション。80人ほどの障害を持つ仲間たちを無作為に5名選び、「自分がこの5人を連れて外出するにはどう動けばいいか」・・・それをその場で瞬間に考えて即答するというものです。考える時間など与えません。現場ではそんな時間はないからです。「どう動けばいいかなあ」と腕を組んで考えている間に、1人2人はすでにフラフラと動き出してしまったり座り込んでしまったり、転倒する恐れのある仲間たちもいます。そんな学習を会議で盛り込んだのです。

話は戻って、この日T君がパスポートを取りにいくのに6人を連れて行きます。一瞬の隙に走り出す恐れのある仲間、何度も迷子になり大騒ぎになったことのある仲間、一人でフラフラしてしまう車椅子の仲間、おしゃべりが止まらずその人のおしゃべりにつかまると周りが見えなくなってしまう恐れのある仲間・・・よりどりみどりです。

「職員会議の成果を試す時だな」・・・そう思った私は「T君、どうやって動くつもりかを話して」と質問。T君は即答。「A君の車椅子はB君とC君が一緒について離れないようにします。D君は外ではやはり危険なので私がずっと横についています。E君も迷子の恐れがあるので基本的には私のすぐ近くにいてF君と一緒に歩いてもらいます。」・・・「OK!俺と同じ考えだよ」と私。自信を持って6人は出発していきました。

それから1時間半後、T君から電話。「もう終わったのかな?」

「すみません。日付をちゃんと見なくて・・・。パスポートができるのは明日でした!」

忙しい仕事を工面して、なんとかパスポートをもらいに行く時間を作ったのです。私は怒って言いました。

「そこまで行ってしまったんだから、そこでみんなと一緒に遊んで来い!」

作業所が開所して10年、いままでいろんな人にいろんなことでたくさん怒ってきましたが、「遊んで来い!」と怒ったのは初めてです。言われたとおり7人で遊んできたようですが、ハプニングもなく無事に帰ってきたのは、職員会議の成果といえるのかもしれません。

次の会議の議題は決まりました。「パスポート申請時の日付の見方について」です。

でも今日の動き方としてはバッチリだったよ。

*ココログのメンテナンス工事にぶつかり、記事の発表が2日間遅れました。

|

« 週末地域福祉の歩き方 | トップページ | 一部昇格! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118028/3882561

この記事へのトラックバック一覧です: みんなと一緒に遊んで来い!:

« 週末地域福祉の歩き方 | トップページ | 一部昇格! »